BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

BURRN! JAPAN vol.11 陰陽座のインタビューを読んで。



スポンサーリンク

f:id:homuhomuHiro:20180603232257j:plain



間もなく、通算14枚目のアルバム『覇道明王』をリリースする陰陽座の個別インタビューが読みたくて、『BURRN! JAPAN』を購入しました。

陰陽座が巻頭特集で全32頁に渡って掲載されています。

『覇道明王』というタイトルを聞いただけで、強烈なインパクトがありますが、とにかくとんでもなく凄いメタル・アルバムを作り上げたんだというメンバーの自信と興奮が紙面からビシバシと伝わってきて、こちらも興奮して手に汗を握りながらページをめくっていました。

と言う訳で、アルバムが発売される6月6日が超楽しみなのです!!



さて、今回はもう一つ言いたいことがあります。

誰に?

BURRN!編集部に対してです。

あのさ。

このインタビュー記事、別冊の『BURRN! JAPAN』じゃなくて、『BURRN!』の方にこそ載せるべきなんじゃないの?

これまではいつもニューアルバムが出ると、『BURRN!』にインタビューが掲載されてましたよね。

今回の巻頭特集の頭にはこう書いているじゃないですか。

日本のHMシーンを代表するバンドとして、孤高の存在であり続けてきた陰陽座が、通算14枚目となるアルバム「覇道明王」をついにリリース。自身の特性を高密度・高純度で凝縮させた力強さは、聴き手を瞬時に彼らの音世界へと誘うと同時に、誇り高き陰陽座の核心を改めて提示する。(『BURRN! JAPAN vol.11』P.3より引用)

 

こういうバンドに対してこそ、『BURRN!』の紙面を割くべきなんじゃないですかね?

まだ陰陽座の音楽を聴いたことが無いという人にも、興味を持ってもらえると思うし、何より既存のファンは『BURRN!』でインタビューを読みたいんじゃないのかなあ?


現に、私だってそうですよ。

陰陽座の、特にバンドの司令塔である瞬火氏のインタビューはいつだって興味深いし、楽曲の解説も楽しみにしているので、彼のインタビュー記事は絶対に読みたいんです。

でも、今回は『BURRN!』に載らないから、しょうがなくて、陰陽座のインタビューのためだけに『BURRN! JAPAN』を買ったようなもんですよ。

私は充実したインタビュー記事に満足しましたし、買って良かったとは思いましたけど、こういう売り方には疑問が残りますね。