BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

FORBIDDEN(フォビドゥン)3rd アルバム『Distortion』レビュー

FORBIDDENよお前もか・・・?


Hiroです。

今日はベイエリアのスラッシュメタルの雄、FORBIDDENの3rdアルバムを紹介します。

METALLICAが1991年にリリースした彼らの5thアルバム『Metallica』(通称『Black Album』)がメタル・シーンに与えた影響はそれはそれは凄まじいものがありました。

それ以降のメタル・シーンはヘヴィでグルーヴ重視の方向に進み、このFORBIDDENも多くのスラッシュ・メタル・バンドと同じく、ミドルテンポ主体のヘヴィでグルーヴィーなサウンドに路線変更。

その結果・・・ファンの失望を買い、バンドは失速していくのでした。

この度、改めて聴き直したのでレビューしていこうと思います。

レビュー

 

FORBIDDEN『Distortion』(1994年)

f:id:homuhomuHiro:20200926235036j:plain


(1)Distortion
(2)Hypnotized By The Rhythm
(3)Rape
(4)No Reason
(5)Feed The Hand
(6)Wake Up!
(7)Mind's "I"
(8)All That Is
(9)Under Taker
(10)21st Century Schizoid Man(KING CRIMSON cover)

Produced by Patrick Coughlin & FORBIDDEN

Russ Anderson(vo)
Craig Locicero(g)
TIm Calvert(g)
Matt Camacho(b)
Steve Jacobs(ds)

お気に入り度:
★★★★★ (5/10)


スピードよりもモダンでヘヴィネスなサウンドを重視しており、ここには気持ち良く首を振れるリフも感動的なツインリードもありません。

意外と曲構成は複雑になり、高度なテクニックも駆使しているので、それなりにクオリティは高いのかも知れませんが、同じような曲調で長目の曲が多いので、アルバム1枚聴くのは辛いです。

何も、FORBIDDENがこのタイプの音楽をやらなくてもいいと思うんですよね。

「No Reason」



1曲目の「Distortion」はクールだと思いますし、2曲目の「Hypnotized By The Rhythm」は好きですが、あとは好きにはなれませんでした。

好みの問題と言ってしまえばそれまでなのですが・・・。

自分達の持ち味を捨ててまで路線変更せざるを得ないシーンの状況やもしかしたら、レコード会社からの圧力などもあったのかも知れませんが、本当に残念なことです。


10曲目はKING CRIMSONのカヴァーで、これがアルバム中最も一番印象に残る曲でした。ってか、こんな超有名曲のカヴァーをアルバムに入れたら、他が霞んじゃうでしょうが!

Distortion

Distortion

  • アーティスト:Forbidden
  • 発売日: 1996/11/15
  • メディア: CD