BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

Unlucky Morpheus(アンラッキー・モルフェウス)『瀧夜叉姫』レビュー



スポンサーリンク

あんきも


大分前になるのですが、メロディアスでドラマティックなスピードメタルを得意とするUnlucky Morpheus(通称“あんきも”)が和のテイストをふんだんに盛り込んだ新作をリリースしたというのでチェックしてみました。

今回の新作は3曲とも平将門をテーマにした作品とのこと。

いずれも、どっぷりと和のテイストに溢れた高品質なメタルチューンに仕上がっていました。

瀧夜叉姫(たきやしゃひめ)

 

レビュー


Unlucky Morpheus『瀧夜叉姫』(2020年)

(1)瀧夜叉姫
(2)鉄皇
(3)豪賊

Produced by Unlucky Morpheus

Fuki(vo)
紫煉(g、scream)
仁耶(g)
Jill(violin)
小川洋行(b)
FUMIYA(ds)

お気に入り度:
★★★★★ ★★★☆(8.5/10)


瀧夜叉姫(たきやしゃひめ)

三味線のイントロで幕を開け、ヘヴィなギターリフで疾走開始!

紫煉のデスヴォイスが凄みをきかせていきます。

BメロとサビではFuki嬢による艶のある力強いヴォーカルが突き抜けていきます。

流石に上手いですね!



鉄皇(くろがねおう)

強烈な和の旋律が突き刺さってくるミッドチューン!

この曲ではFuki嬢のコブシがまわる・・・まわる!

デスヴォイスとの絡みも完璧ッ!



豪賊(ごうぞく)

ラウドロックで、三味線と琴が繰り返す和のフレーズと、その上に乗るフォーキーなヴァイオリンが独特の雰囲気を醸し出しています!

Fuki嬢の切な気な歌メロがたまりません。

まとめ


このバンドはツインギターに加えてヴァイオリン奏者もいるんですよね。

どの曲も琴と三味線を大々的にフィーチュアしていたので、ヴァイオリンはどのように絡んでくるのかと興味津々でしたが、これ以上ないという位に和の音色と融合していて驚きました!

和の旋律を導入し、男女のツインヴォーカルとなると、どうしても陰陽座と比較されてしまうと思うのですが、確かに陰陽座に近いサウンドだと思います。

そして、3曲ともクオリティがめちゃくちゃ高いです。

和風メタルが好きな方は是非チェックしてみて下さい。

また、私は配信版を購入したのですが、CDだと3曲のインストヴァージョンも収録されています。

瀧夜叉姫 - Single

瀧夜叉姫 - Single

  • Unlucky Morpheus
  • メタル
  • ¥765