読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

BLIND GUARDIAN 3rd Album 「Tales From The Twilight World」レビュー



スポンサーリンク

 

Tales from the Twiligh

Tales from the Twiligh

 

 

BLIND GUARDIAN 「Tales From the Twilight World」(1990)


(1)Traveler In Time
(2)Welcome To Dying
(3)Weird Dreams
(4)Lord Of The Rings
(5)Goodbye My Friend
(6)Lost In The Twilight Hall
(7)Tommyknockers
(8)Altair 4
(9)The Last Candle
-bonus-
(10)Run For The Night (live)

Produced by Kalle Trapp
Hansi Kursch(vo、b)、Andre Olbrich(g)、Marcus Siepen(g)、Thomas Stauch(ds)

点数:95点

Hiroです。
今日はBLIND GUARDIANの3rdアルバムですッ!
初期の名盤ですな。
もう、何回聴いたか分かりませんよ~。

アンドレアス・マーシャル氏によるアート・ワークを眺めながら本作を聴いていると、
本当にファンタジックな空想をかき立てられますね!!

前作までの作品と比べて、サウンド・プロダクションが向上しています。
やりたいことをきちんとした形で表現出来るようになった作品ではないでしょうか。
曲作りやアレンジの面でも著しい成長が見られています。
特にコーラス・パートが今まで以上に強化されています。
思わず、一緒に唄いたくなるようなコーラス・パートの応酬!
そして、攻撃的でありながらメロディアスなアンドレのギター・ワークが冴えまくる、
メタラー必聴盤です!!

劇的なクワイアで幕を開ける、鳥肌モノのパワーメタル・チューン(1)を筆頭に、
BLIND GUARDIAN流パワー・メタルが炸裂します。
激しく疾走しながらもコーラス・パートは勇ましく、それでいて甘過ぎず・クサ過ぎず・・・と、この絶妙なバランスが彼らの持ち味! 

特に、強烈なメロディで幕開け、複雑にそしてドラマティックに展開していく超名曲(6)では、アンドレの “歌う” ギター・ワーク全開で、分厚いコーラスと共に聴き手を "Twilight Hall” の世界へ誘うこと必至です。

初の試みである、アコースティックバラッド(4)は『指輪物語』(!!)


そして、
何と!

今回も現GAMMA RAYのカイ・ハンセンがゲスト参加しています!!!
(6)でハンズィとヴォーカルを掛け合い、(9)では一聴して彼だと分かる、
クサメロなギターソロを披露しています。

と言うわけで、全パワーメタラーにお薦めの1枚です!!!


Blind Guardian - Lost In The Twilight Hall (live ...