BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

<Figure-rise LABO 南ことり>を作る!(4)部分塗装と組み立て



スポンサーリンク

皆様、ご無沙汰しています。

恙無くお過ごしでしょうか?

しばらく更新していませんでしたが、私も変わりなく過ごしています。

早速ですが、<Figure-rise LABO 南ことり>の続きをアップしていきます。

実はもう完成しているのですがね。

ただ、2週間程作業がストップしていたのも事実です。

大きい声じゃ言えないんですが、


一部パーツを紛失してしまいまして・・・。



部分塗装が終わり、一気に組み上げようと意気込んでいたのですが、途中でパーツの一部がないことに気が付き発狂していました。

結論から言えば、紛失したと思っていたパーツはその後で無事に見つかったのですが、これがもう1日遅かったら、部品請求の申し込みをするところでした・・・。

あぶない、あぶない。

水彩色鉛筆を使って部分塗装


『モデルグラフィックス』にはパステルを使って、パーツにグラデーションをつけていく方法が紹介されていました。

この記事を読んだ時に、大昔に買ったはいいけど全然使ってなかった水彩色鉛筆のことを思い出したのです。

水彩色鉛筆には色鉛筆の芯をカッターで細かく削り、その粉をぼかしながら塗る、ウォッシングと言う技法があります。

この方法が使えないかなと思ったのです。


まずは衣装の飾りに濃淡をつけたいと思いました。

水彩色鉛筆の芯をナイフで削り、少量の水で溶かします。

f:id:homuhomuHiro:20200428213043j:plain


それを筆に含ませたら、一度ティッシュの上で吸収させます。

それから筆をパーツに軽くのせていきます。

様子を見ながら少しずつ、少しずつ。

f:id:homuhomuHiro:20200428213048j:plain


左がウォッシングしたパーツ。

f:id:homuhomuHiro:20200428213038j:plain



こちらも左がウォッシング後です。

f:id:homuhomuHiro:20200428215449j:plain

色の濃淡がついてめりはりがでました。

色むらになっている部分もあるのですが、
最終的にトップコートを吹けば落ち着きます。


ドレスの部分はうっすらと淡い水色がつくようにしたかったのですが、ちょっと汚くなってしまいました。白をのせたり、シルバーに変えたりしてみたのですが、なかなか思うように行かず・・・。

f:id:homuhomuHiro:20200428213056j:plain


そこで。中性洗剤で一度洗いました。

完全には色は落ちなかったのですが、結果的に全体が青系の白に落ち着きました。

(元々のパーツの色は若干黄色っぽい白でした)

まさに怪我の功名!!

理想的な白になったので、結果オーライということで。

f:id:homuhomuHiro:20200428220725j:plain

この後、中央のボタンの部分をシルバーの塗料で塗ってます。


スカートやリボンの影となる部分には、ベースになる色よりも若干濃い色の色鉛筆を溶いたものを塗っています。

写真で見るとかなり汚い感じですが(笑)、これは途中段階で、この後もっと自然な感じに馴染むまで調節しています。

f:id:homuhomuHiro:20200428213109j:plain


リボンにも影になる部分にウォッシングを施しましたが、写真だと分からないですね。。。

f:id:homuhomuHiro:20200428213900j:plain



クリーム色のパーツには出っ張っている部分にホワイトでハイライトを入れましたが、殆ど効果はありませんでした(苦笑)これはやらなくても良かったかも。

f:id:homuhomuHiro:20200428213114j:plain

 

 

Mr.ウェザリングカラー フィルターリキッドで髪を塗装

 

f:id:homuhomuHiro:20200428223221j:plain


この製品の謳い文句は、

<模型塗装に立体感と深みを加えるフィルタリング効果を発揮!>

これをですね、ことりちゃんの髪のモールドに、スミ入れの要領で流し込んで、その後で専用の溶剤ではみ出た部分を拭き取ったり、なじませたりします。


左がフィルタリング前、右がフィルタリング後です。

f:id:homuhomuHiro:20200428222200j:plain

お手軽に髪パーツに表情をつけることができました!


タミヤ ウェザリングマスターでお化粧!


タミヤのウェザリングマスターというと、ガンプラや戦車プラモなどを作る時に利用している方もいると思うのですが、フィギュア用なる物もあるんです!

f:id:homuhomuHiro:20200428224724j:plain



鎖骨の窪みや胸の間など、影になる部分に<ペールオレンジ>を擦り付けます。

肌により一層の立体感が出ました!

f:id:homuhomuHiro:20200428224746j:plain


爪を<ピーチ>で仕上げました。なかなか良い感じ!

f:id:homuhomuHiro:20200428224751j:plain



続いて、顔です。

頬の部分にもう少しピンクが欲しかったので<ピーチ>をのせました(右)

f:id:homuhomuHiro:20200428224758j:plain


目の上の窪みは影になる部分なので<ペールオレンジ>を軽く塗布しました。

f:id:homuhomuHiro:20200428225824j:plain


さらに美人さんになりました♪


組み立て開始!しかし!!


全ての部分塗装が済んだパーツは改めてトップコートを吹いてつやを調えました。

乾燥したら一気に組み立てです!!

顔パーツを組んだ時の感激と言ったら!!

f:id:homuhomuHiro:20200428224754j:plain


やばい! 可愛すぎて死ぬ~!!

一気に組み立てに突入した私ですが、最初に述べたように途中であるパーツが無いことに気が付きました。

それは、このラメ入りのクリアパーツ。


f:id:homuhomuHiro:20200428231634j:plain

ランナーからカットしたパーツは小分けにして袋に入れていたし、細かくて違いが分かり難い物はマスキングテープで紙に貼り付けて番号を振っておいたのですが、このクリアパーツだけがどこにも見当たらず・・・。

まさか、パーツがついていることに気が付かずにランナーごと捨ててしまったのか?

それしかありません。

失意と怒りで制作は一時中断。


数日が過ぎました。

う~んでも、パーツをカットしたような気もするし・・・。

そんなことを考えて、自分のブログを見返してみたんです。


そうしたら、ちゃんと写真に写ってるじゃありませんか!

f:id:homuhomuHiro:20200403230331j:plain

そう、下の列の1~6の数字を振ってあるのが捜していたクリアパーツです。

その後、もう一度部屋中を捜しました。

パーツを貼り付けておいた紙が裏返しになって、他の書類の中に紛れ込んでいるのを発見!!


無事にパーツも見つかり、いよいよ次回は完成編です!!