BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

感想:メタラー(じゃない人も)必見!笑いあり涙あり!映画『ヘヴィ・トリップ』を観てきました!



スポンサーリンク

Heavy Trip!!!


遂に今話題のメタル・コメディ映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』を観てきました!

映画館は満員で、この作品に興味を持つ同士が大勢いるんだなと知って、ホント嬉しかったです。


あらすじ

フィンランド北部、何もない田舎の村。退屈な日々を送る25歳のトゥロは、“終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル”というジャンルを標榜する、4人組ヘヴィ・メタルバンドのボーカルだ。バンドは結成から12年間、一度もステージに立つことなく、一曲もオリジナル楽曲を作ったこともなく、単なるコピーバンドだ。だがある日、遂に自分たちの曲を作るという強い意志のもと、メンバーの試行錯誤の末にとてつもなくキラーな名曲が誕生した。また同時にひょんなことからノルウェーの巨大メタルフェスの主催者がメンバーの家を訪れ、バンドに千載一遇のチャンスが舞い降りる。

バンド名は“インペイルド・レクタム"(Impaled Rektum ※直訳すると直腸陥没)に決定、ハイウェイの自動速度取締機を使って初のアーティスト写真も撮った。だがいざ地元のライブハウスで初の前座を務めたとき、緊張したトゥロが大嘔吐するという前代未聞の惨劇に終わった。ノルウェーのフェス参戦も水の泡と化し、バンドは敢え無く解散した。さらに愛すべきドラマーのユンキがハイウェイを爆走中にトナカイを避けて事故で死んだ。トゥロは亡き友人を想い涙し、自身の不甲斐なさを恨んだ。ユンキのため、仲間のため、そして自身のため、トゥロはバンドを再結成し、ノルウェーに乗り込む決意を固める。残された3人は盗んだバンに墓地から掘り起こしたユンキの棺桶を乗せ、精神科病院からドラマーを誘拐したのちノルウェーへと逃亡。フィンランド警察から追われ険しいフィヨルドを駆けながら夢のフェスを目指す。だが国境では彼らの前にノルウェーの “デルタ部隊”が立ちはだかる。進め!インペイルド・レクタム!目指せ巨大フェス!フィンランドが誇るインペイルド・レクタム誕生の瞬間を、メタル満載、盗難事件あり、バイキング船の堂々たる巡航あり、果てはフィンランドとノルウェーの武力紛争にロマンスもあり!で描く、まさに破天荒な鋼鉄のロードムービーが日本上陸。オフィシャルサイトより引用)

 

www.youtube.com


では、映画を観た感想を。

いや、クソ面白かったですよ。

マジで。

思い切り笑わせて貰いましたよ。

メタルファンなら思わずにやりとしてしまうシーン満載ですし、ストーリーも分かり易いしテンポ良く進むし、とにかく飽きさせないです。

そして、ここが最も大事なことなのですが、この映画はメタルのことを良く理解している人が作った作品なんですね。

それはもう、一目瞭然で解るのです。

スクリーンはメタル愛に満ちていました。

映画の冒頭で「Kuusamo」が流れる中、スクリーンにはフィンランドの雄大な大自然が映し出され、ここでもうメタラーは郷愁を覚えること間違いなし! 現に私もウルッと来てしまいました。

前半で描かれるのは村での日常とバンド活動、地元ライヴでの失敗と主人公の自信喪失、バンドの分裂、そしてメンバーの死・・・。ノルウェーのフェスを目指す後半は一気にロードムービー的な展開となり、警察や国境警備隊に追われながらもフェスに出演してライヴを敢行するまでを描いています。コメディを基本としながらも、ある意味真面目とも言える描き方ですね。「北欧デス・メタルあるある」が満載でほっこりします。

そして劇中で使われている曲のカッコいいこと、カッコいいこと!!

事前にサントラを聴き込んでおいてヨカッタ~♪

homuhomuhiro.hatenablog.jp


このサントラのレビュー記事ですが、私の勘違いから一部間違った内容になっていたので、本日訂正致しました。

映画の途中で何度もヘドバンしそうになりました。

メタラーは絶対に観た方がいいです!!

(Blu-ray化希望!!メーカーさんお願いします!)

作中、「一生便秘で悩むなら漏らした方がマシ」っていう名言があって、奥が深いなと思いました。

 
『Flooding Secrations』(邦題:溢れ出る分泌物)MV

www.youtube.com

おまけ


劇場のある6階でエレベーターを降りると、まず目に飛び込んでくるのが『ヘヴィ・トリップ』コーナーだ!!

f:id:homuhomuHiro:20191229221142j:plain

f:id:homuhomuHiro:20191229221146j:plain


毎週金曜日限定の

<デスボイス割>!!

映画のタイトルを略さずにデスボイスで言い、スタッフのジャッジで合格が貰えれば、通常1800円のところ、1000円で映画が観れてしまうという、Fxxkin' Greatな試み!

ちょっと挑戦してみたい気もする!

f:id:homuhomuHiro:20191229221149j:plain


グッズも充実!アーティスト写真を使用したTシャツが売り切れで残念!

f:id:homuhomuHiro:20191229221156j:plain


名物!?「直腸ボム!」がまさかの陥没御礼だって~!?

f:id:homuhomuHiro:20191229221153j:plain


まだ公開3日目なのに! 

世界一不味い飴サルミアッキを使用したウォッカ。

これ、絶対飲んでやろうと決めてたのに!!


パンフレットです。

映画の解説の他、「お薦めフィンランドメタル20選」なんてのも載っていて、とても楽しめました。

f:id:homuhomuHiro:20191229221159j:plain


このパンフを読んで解ったのですが、冒頭のリハーサルでバンドが演奏したり、エンディングロールで流れる「Kuusamo」というデスメタル曲があるのですが、実はこの曲はイタリアのALBATROSというポップグループが1975年に発表した「Africa」という曲のデスメタルカヴァーだったということ。

とりあえず、オリジナル版の動画貼っておきますね。
う~ん、ちょっと不思議な世界。

www.youtube.com

 
そして、IMPALED REKTUMによるデスメタル・ヴァージョン!

全然違う!!

www.youtube.com

 

けど、こっちの方が数百倍イイ!

このアレンジ凄ェな~最高!!

さあ、サントラを聴いて、劇場に陥没!!

Heavy Trip

Heavy Trip

  • Various Artists
  • サウンドトラック
  • ¥1630
Hevi reissu - Heavy Trip

Hevi reissu - Heavy Trip

  • 発売日: 2018/10/12
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

heavy-trip-movie.com