BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

<Figure-rise LABO 南ことり>を作る!(2)パーツの切り出しと処理/トップコート



スポンサーリンク

パーツを切り出す


ニッパーを使ってランナーからパーツをカットします。

ゲート跡はデザインナイフで処理していきます。

パーツ数もそれほど多くはないので、さくさくいけます。

細かいパーツや似て非なるパーツに注意します。

紛失しないように私はチャック式の袋に入れたり、細かいパーツは紙にマスキングテープで貼り付けて番号を記しています。

f:id:homuhomuHiro:20200403230327j:plain

f:id:homuhomuHiro:20200403230331j:plain


バルーンの紐パーツは細い上に長さもあるので、取り扱い注意です!

f:id:homuhomuHiro:20200403220840j:plain

パーティングラインの処理


デザインナイフでも処理しきれない箇所やパーティングラインが目立つ箇所は600番と1000番の紙やすりで表面を整えました。


写真は髪パーツです。

この髪パーツも結構パーティングラインがあるのですが、細かい上に面倒くさいので今回はパス!

f:id:homuhomuHiro:20200403150522j:plain

f:id:homuhomuHiro:20200403150526j:plain


逆に腕や足のパーツはパーティングラインが気になったので処理しました。

f:id:homuhomuHiro:20200403150600j:plain


靴。

上が処理前のもの。ゲート跡とパーティングラインが目立ちますね。
下が紙やすりで処理したパーツ。

ただ、やすったことで艶がなくなってしまったので、最後の工程で艶有りトップコートを吹く予定。

f:id:homuhomuHiro:20200403220843j:plain


最も緊張したクリアパーツ。

大きいし、どうしてもゲート跡が残ってしまいます。

f:id:homuhomuHiro:20200403220849j:plain

これにやすりをかける勇気も、失敗した時のリカバリー技術も持っていないので、ゲート跡がなるべく目立たない程度にデザインナイフで整えて、良しとしました。

パーツを組み合わせてみると、重なり合ったパーツが自然なグラデーションを生んでいますね。

美しいです!

f:id:homuhomuHiro:20200403220853j:plain

 

 

つや消しトップコートを吹く


パーツにやすりを掛けた後は、表面のつやが変わってしまう箇所が出てきます。

それはよろしくないので、つや消しトップコートを吹いてつやを整えます。

髪と衣装にはこの<Mr.スーパークリアーつや消し>を。

f:id:homuhomuHiro:20200403232832j:plain


肌パーツには<Mr.スーパースムースクリアーつや消し>を吹きました。

両方とも、モデルグラフィックス誌の作例で紹介されていたやつです。

f:id:homuhomuHiro:20200403232841j:plain

 

特に、この<Mr.スーパースムースクリアーつや消し>は肌パーツに吹いたら、本当にプラスティックぽさが無くなりびっくりです!

さて、今日はここまでにしたいと思います。