BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

骨密度を測定してみました。結果は?



スポンサーリンク

先日、外出先で健康フェアなるものをやっていました。

無料で骨密度を測定してもらえるブースがあったので、以前から気になっていたので測定してもらいました。

超音波骨密度測定装置というものを使用して、踵骨(かかと)で測定します。

骨粗しょう症の診断にも使われている装置です。

平日の昼間だったせいなのかどうかは分かりませんが、このフェアに来ていた殆どの人は老人でしたので、この中で私はかなり浮いていました。

骨密度検査も結構人気があるようで、20分程待ちました。

呼ばれたらブース内に入って、片足を靴下を脱いで測定器に載せます。

準備から結果が出るまで5分もかからなかったと思います。

果たして、その結果は・・・!

(骨がスカスカです、なんて言われたらどうしよう!)

f:id:homuhomuHiro:20200122231954j:plain



年齢相応の骨密度と言われました。

青いラインを引いてある箇所、<%AGE>ですがそこは、同年齢のSOS標準値と比較した時の%値となっています。

SOS標準値というのは、踵骨を伝播する超音波パルスの音速のことで、これで骨の性状の診断をします。



私の場合、この値が99%でしたので、ほぼ同年齢の標準値に限りなく近いということになります。


その上に記された、赤いラインを引いた箇所<%YAM>とは若年成人(20~44歳)のSOS標準値と比較したときの%値とのこと。


骨粗しょう症の診断は、

若年成人の骨量の平均値<%YAM>との比較によって行います。


  • <%YAM>80%以上=正常

  • <%YAM>70~80%=骨量減少

  • <%YAM>70%未満=骨粗しょう症

 

私は87%でしたので、正常!

骨に問題なしです。

とりあえず、ホッとしました。

このような健康フェアでは骨密度の他にも、血管年齢を測定してくれたり、健康相談にのってくれたりしますので、機会があれば寄ってみるのもいいですよ。