読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

【レビュー】漫画版『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』第1巻を購入!

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀


スポンサーリンク

話題の王道武侠ファンタジー人形劇がコミカライズ!!


間もなく最終回を迎える、王道武侠ファンタジー人形劇『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』ですが、この度、佐久間結衣先生による漫画の単行本が発売になりました。漫画版は現在『モーニング』にて連載中なのです。



表紙はやはりこの人、凜雪鴉<リンセツア>。人形とはまた違った意味で、胡散臭さが漂っている感じがします。

f:id:homuhomuHiro:20160927231235j:plain



裏表紙

f:id:homuhomuHiro:20160927231236j:plain



カバーを外すと、丹翡<タンヒ>と丹衡<タンコウ>が・・・! 今は過ぎ去りし、平和だったあの頃・・・。

f:id:homuhomuHiro:20160927231247j:plain



凜雪鴉<リンセツア>・・・美形・屁理屈・胡散臭い!
f:id:homuhomuHiro:20160927231238j:plain



殤不患<ショウフカン>・・・まあ、劇中のイメージに近いかと。

f:id:homuhomuHiro:20160927231239j:plain

 

 

丹翡<タンヒ>・・・可愛い。髪飾りを外した姿を見ることが出来るのは漫画版だけ!

f:id:homuhomuHiro:20160927231241j:plain

f:id:homuhomuHiro:20160927231243j:plain



殘凶<ザンキョウ>・・・こちらも劇中のイメージに近い。

f:id:homuhomuHiro:20160927231237j:plain




蔑天骸<ベツテンガイ>・・・人形劇よりも残虐非道に描かれています!

f:id:homuhomuHiro:20160927231240j:plain



獵魅<リョウミ>・・・蔑天骸<ベツテンガイ>に寵愛されることを夢見る、玄鬼宗の幹部。

f:id:homuhomuHiro:20160927231242j:plain



凋命<チョウメイ>・・・人形劇と違って、こちらはもっと非情で冷徹。

f:id:homuhomuHiro:20160927231246j:plain



狩雲霄<シュウンショウ>・・・人形劇よりも悪人ヅラしてます。まあ、実際に悪人なんですけどね。

f:id:homuhomuHiro:20160927231244j:plain

 

 

 

捲殘雲<ケンサンウン>・・・人形劇同様にイケメン。

f:id:homuhomuHiro:20160927231245j:plain


気になる中身と感想


第1巻には全部で7話収録されています。原作の人形劇で言えば、第3話の頭。つまり、玄鬼宗に襲われる殤不患<ショウフカン>を狩雲霄<シュウンショウ>と捲殘雲<ケンサンウン>が助太刀し、その後で鬼鳥<キチョウ>と丹翡<タンヒ>が合流するところまでを描いています。


基本的には人形劇に忠実にコミカライズされていますが、キャラクターたちの心理描写は漫画ならではだよなあと。人形劇では見えなかった、キャラクターたちの心情が分かり易く伝わって来ます。また、漫画版ならではのオリジナル要素もあります。


玄鬼宗を率いる蔑天骸<ベツテンガイ>は人形劇以上に残虐非道に描かれています。彼が部下を率いてある村を襲い、売るために女子供を連れ去らせたり、老人だろうと子供だろうと自分の欲求のままに容赦なく斬りつけるというシーンもあります。


また、狩雲霄<シュウンショウ>に敗北し、逃げ帰った獵魅<リョウミ>。蔑天骸<ベツテンガイ>は彼女に幻術をかけ、対狩雲霄<シュウンショウ>対策をやらせます。幻術の中で獵魅<リョウミ>は何回も何回も狩雲霄<シュウンショウ>と闘い、彼の矢に射られるという体験を繰り返すのです・・・! これは、先に発売されたBlu-ray第1巻のオーディオコメンタリーで虚淵氏が言っていた、尺の都合で泣く泣くカットしたというシーンですね。漫画版で補完されました! 蔑天骸<ベツテンガイ>がサディスティック過ぎる・・・! こんなのやられたら、獵魅<リョウミ>も精神崩壊するだろ!?



人形劇では描き切れなかったキャラクターの心情や尺の都合でカットされたシーンを含む、漫画版のオリジナル要素が実に面白いです。巻末には原案者である虚淵玄氏と佐久間結衣氏との特別対談も収録!



ファンは必読ですぞ!!



なお、12月に発売予定の第2巻には入浴シーンもあるとのこと!!



↓コチラで第1話の試し読みが出来ます!

www.moae.jp