BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

六弦アリス 9th Album 「骨董店 『Mystique』」 レビュー



スポンサーリンク

f:id:homuhomuHiro:20150818220601j:plain

f:id:homuhomuHiro:20150818220620j:plain

 

六弦アリス 「骨董店 『Mystique』」(2009年)


(1)Mystique Avenue
(2)噂の雪
(3)Welcome to the Lunatic Town!
(4)幸せな嘘は真夜中に
(5)宝石と楽園
(6)蒼の世界
(7)JORKER
(8)画家と骨董店
(9)或る少女の肖像
(10)『Mystique』

六弦A助(programing)、櫻井アンナ(vo)

92点

 

Hiroです。

今日は六弦アリスさんの9thアルバム、「骨董店 『Mystique』」をレビューします。
本作は、7th アルバム『Omen of Seven』に収録されている、リリカルでファンタジックな名曲、「骨董店 『Mystique』」という曲を扱った作品です。


雪が激しい夜にだけ姿を現すという骨董店・・・。そこの老人は300年生き続けているという・・・。ルナティック・タウンという街に住む人々の奇妙な振る舞い・・・。

綺麗で透明感のあるシンセ、優雅なストリングス、そして重厚なクワイアが一体となってシンフォニックなサウンドを奏でます。曲によってはチャーチオルガンやチェンバロ、バグパイプなども活躍! ギターもネオクラシカル調の美旋律をビシバシと決めるッ! 変拍子を含む、やや複雑な曲展開をするプログレッシヴな曲もありますが、どちらかと言えばメロディ重視の叙情プログレなので、難解さは皆無です。

オープニングの静かで美しいイントロはファンタジーへの誘いかと思うほど。特にシンフォニックに、美メロで展開していく(1)「Mystique Avenue」と(2)「噂の雪」は必聴! タンゴの曲調で登場人物達による “語り” が登場する(3)「Welcome to the Lunatic Town!」やスゥイングジャズのアレンジを施した(4)「幸せな嘘は真夜中に」は新境地。息もつかせぬ展開でラストを締めくくる(10)「『Mystique』」は、何と8分越えの大作です! 冬の夜に聴きたい1枚。



お・ま・け

「骨董店 『Mystique』 ~或る画家の肖像~」

(1)或る画家の肖像
(2)アンティーク(inst.)

六弦アリス 骨董店 『Mystique』 ~或る画家の肖像~

第77回コミックマーケットでの会場購入限定特典としてプレゼント配布されたシングルCD。(1)はアルバム本編の主人公でもある、或る画家がそれまで住んでいた地を離れ、舞台であるルナティック・タウンにやって来るという内容で、ゆったりとした静かな曲。画家が何故その地を離れなければならなくなったのか? それは次作『マダム・ヴァイオレット』の中で明かされます。(2)はアルバム収録曲の中で使用されているメロディをオルゴールの音色でアレンジした美しいインスト。

 六弦アリス Official Web