BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

【ライブレポ】UNLIMITEDな水樹奈々!『NANA MIZUKI LIVE GRACE 2019 -OPUS Ⅲ-』at さいたまスーパーアリーナ(2019.1.20)



スポンサーリンク

LIVE GRACE!


昨日、水樹奈々さんのライブに参戦してきました。

待ちに待ったオーケストラライブです!

2013年に始まったオーケストラライブですが、今回で3回目の開催となります。

実は前回は私は参戦することが出来なかったのですが、オーケストラライブが行われるのは実に6年振りのことなのだとか。

先に感想を言ってしまうと、とにかく凄かったとしか言いようがありません。

水樹奈々は底なしのモンスターだった・・・!!

そして、すいません。

数曲でヘドバンしてたのは私ですwww



f:id:homuhomuHiro:20190121234131j:plain

場所はさいたまスーパーアリーナ!!

相変わらず激混みですが、皆奈々様のライヴを盛り上げる心強い同士たちです。


f:id:homuhomuHiro:20190121234119j:plain

雪の国のお姫様。

う、美しい。

f:id:homuhomuHiro:20190121234126j:plain

アップで!!

ライブレポート


今回、運良くアリーナ席で観ることが出来ました。しかも、これまでに参戦したライブの中でも最もステージに近い場所でした!! 具体的にはアリーナA2ブロックの7列目です。

定刻を少し過ぎた頃、場内が暗転。舞台の上にオーケストラとコーラス隊が現れました。後で聞いたところによれば、今回のライブに参加しているオーケストラとコーラス隊は総勢140名以上なのだとか。もの凄い人数です! ライブの幕開けは恒例のオープニングムービー。どこかで聞いたことがある曲だなと思ったら、「白鳥の湖」でした。このムービーで描いていたのは戴冠式なのでしょうか。奈々さんが王冠を授かると、バレリーナの姿から女王に変貌を遂げます。そして、1曲目の「Glorious Break」の荘厳なイントロがオーケストラによって奏で始められました。そのイントロが緊迫感と共に徐々に徐々に盛り上がり切ったところで、奈々さんの歌声が入るのですが、ステージ上に奈々さんの姿は無く、一瞬「え?」と思いましたが、歌声が聞こえてくる方を見上げると奈々さんはステージ上空に浮いていました!! さっきまで見ていた映像と同じ、女王様の衣装で!! そのままオーケストラの上をフライングしながら熱唱。これにはやられましたね。

地上に降り立った奈々さんは間髪入れずに次の曲へ。「VIRGIN CODE」だ!! メタラーの血が騒ぎ、居ても立ってもいられずにヘドバン開始! この曲を生で聴くのは初めてなのですが、疾走感に溢れるこのダイナミックで難易度の高い曲を完璧に歌いこなしている奈々さん凄ェ・・・!

東京フィルハーモニー交響楽団をまとめる炎の指揮者こと、藤野浩一氏が「LIVE GRACEも3回目だから、以前と被る曲があるだろう」と安易に考えていたところ、セットリストを貰って1曲も被ってなくて目論見が外れたみたいなことをMCで言ってて、氏には申し訳ないけどちょっと笑っちゃいました。本当にお疲れ様です!!

雰囲気を変えて、可愛らしい曲調の「Love Trippin'」と個人的に思い入れのある大好きな「Nocturne」が披露され、その切ないメロディに浸りました。そしてドロドロ系の「夢幻」では会場が赤く染まります。

曲が終わると、オーケストラとコーラス隊、そして会場の皆で奈々さんの誕生日を祝いました。実はステージ上に掲げてあった時計が気になっていたのですが、それは奈々さんが産まれた時間である9時58分を指していることが本人から語られました。

その後、オーケストラとの相性バッチリの疾走チューン「DRAGONIA」と胸をかきむしるような切ない歌メロがたまらない「嘆きの華」を披露してくれました。なかなかレアな選曲です。

ここで幕間のムービータイム。バレエの衣装であるチュチュやタイツを身につけた奈々さんが2人。一人二役で白い奈々さんと黒い奈々さんが闘う! 奈々さん、1年位前からバレエのレッスンを始めたとのことでした。舞台の上でバレエを踊れるように頑張りますと言っていましたが、この人ならやるだろうな!

紗幕にCGを投影させ、さも嵐の中で歌っているかのような演出で「Never Let Go」を歌い終えると、ステージ上には彼女のバックバンド、Cherry Boysとストリングス隊が登場しました。このアコースティックコーナーの1曲目が私が大好きな「Brilliant Star」で、悶絶しました。まさかこの曲をやってくれるとは・・・! しかも、この後に「あしたgraffiti」を挟んでからの名バラード「ラストシーン」の熱唱に思わず目頭が熱くなりました。

アコースティックコーナーが終わると、再びオーケストラと一緒になりました。次の曲は「Dabcing in the velvet moon」。これもオーケストラアレンジによって新しい命を吹き込まれ、一層ドラマティックに。奈々さんはアリーナをぐるーっと一周しながら歌い、ファンの皆とコミュニケーションをとっていました。

この後、オーケストラが「威風堂々」を演奏。インターバルを挟んで、ステージにCherry Boys再び。オーケストラ+コーラス隊+チェリボ+奈々さんで一体何人になったんでしょう? 149人? いやはや、錚々たるメンバーじゃないですか。このメンバーで披露された「WHAT YOU WANT」がとにかくかっこよかったですね。もうハードロック! 特にラストでの奈々さんのシャウト、凄まじかったです。ここからライヴはクライマックスに向けて、更に激しくハードに盛り上がりました。メタルチューン「アパッショナート」はライヴでも本当にメタルサウンドで(まあ、当たり前なのですがw)思わずガッツポーズ。ええ、ヘッドバンギングしましたともww。激しいサウンドを切り裂いて突き抜ける奈々さんのヴォーカルにやられました。ドラマティックな「GET BACK」の後にはアンセムである「UNLIMITED BEAT」が圧倒的に重厚なサウンドで疾走し、皆が拳を突き上げ、歌う! ステージに立ち上る炎がまじで熱いッ!

名残惜しそうに最後の曲を紹介する奈々さん。本編ラストは壮大なバラードである「愛の星」。奈々さんの歌声に聴き入っていると興奮した体が鎮まり、同時に感動が胸の奥から込み上げてきました。もう終わってしまうのか。でも、今日ライブに参戦することが出来て本当に良かった。

アンコール1曲目は「NEVER SURRENDER」。この気高くも切ない曲を聴いていると、誇らしい気持ちになるというか、自分の中で芯が一本ピシッと作られるような感覚になりますね。

ここで、今後の予定が解禁発表されました。まずは5月5日に幕張メッセで座長公演『水樹奈々 大いに唄う 伍』が開催されることと、3月23日に愛媛県で行われる『NANA MUSIC LABORATORY 2019~ナナラボ~』のライブビューイングが決定したこと。そして、7月から夏のツアーが始まるということ!! そのMCを終えてからの「STORIES」も感動的でした。

そしてダブルアンコールで、この日最後の最後に披露された曲は「絶対的幸福論」。しかも、チェリボのヴァイオリニスト、門脇氏のヴァイオリンの演奏と奈々さんの歌だけで披露。シンプルなサウンドだからこそ、いつもより深く染み入りました。やばいなと思っていたら、案の定涙腺が崩壊しました。

終わった・・・。

心地良い疲労感に包まれながら、会場を後にしました。

有難う、水樹奈々。

藤野氏をはじめ、東京フィルハーモニー交響楽団の皆様、コーラス隊の皆様、Cherry Boysの皆様!

そしてスタッフの皆様。

素敵な夜を有難うございました。

セットリスト

 

  1. Glorious Break
  2. VIRGIN CODE
  3. Love Trippin'
  4. Nocturne-revision-
  5. 夢幻(1/19は「アンティークナハトムジーク」)
  6. DRAGONIA
  7. 嘆きの華
  8. Never Let Go
  9. Brilliant Star(1/19は「STAND」)
  10. あしたgraffiti(1/19は「TWIST & TIGER」)
  11. ラストシーン
  12. Dancing in the velvet moon
  13. WHAT YOU WANT
  14. アパッショナート
  15. GET BACK
  16. UNLIMITED BEAT
  17. 愛の星
    -enocore-
  18. NEVER SURRENDER
  19. STORIES
    -encore2-
  20. 絶対的幸福論(1/19は粋恋)

 

追記というか、一口メモ


やっぱり、オーケストラの迫力が凄いですね。何が凄いって、オーケストラサウンドによって体中に感じる音の振動がね、凄いなと。ビリビリくるんだもの。

それにしても、オープニングから「Glorious Break」、「VIRGIN CODE」というハイレベルの曲をぶちかましてくる水樹奈々のセットリストは色々とおかしいと思うし(←誉め言葉)、初っ端からあれを120%の声量で唄い切る奈々さんはもはや怪物!(←誉め言葉)。

あ、ライブの3時間前に他所で開催されていたプリキュァのアニバーサリーライヴに飛び入り参加してから、さいたまスーパーアリーナに来たんでしたっけね。

色々と、UNLIMITEDなお人です!!


f:id:homuhomuHiro:20190121234114j:plain

Happy Birthday~奈々さん♪♪