読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

METALLICA 2nd Album『Ride The Lightning』レビュー



スポンサーリンク

初めて買ったMETALLICAのCD

 

Ride the Lightning


メタルを本格的に聴き始め、その世界にのめり込んで行った1988年。当時、私は高校2年生。METALLICA初体験はその年にリリースされた彼らの4thアルバム『...And Justice For All』でした。そのCDは友人から借りたのですが、あっという間にメタリカ・サウンドの虜になってしまいました。過去の作品も聴いてみたいと思った時、私が手にしたのが今日紹介する、彼らの2ndアルバム『Ride The Lightning』です。


闇に浮かぶ電気椅子に稲妻、そしてメタリックなロゴ! このインパクトは一度見たら忘れられません。私は勝手に、このアルバムはスラッシュメタルバンドの初期の作品だから、『...And Justice~』よりも何十倍もヘヴィでアグレッシヴでスラッシュで荒削りな作品なのだろう、と思っていました。確かにそのサウンドはアグレッシヴでスラッシー。しかし、意外なほどに整合感もあり、正統派Heavy Metalな成分もあり、何と言っても随所で聴かれる叙情的なギターフレーズに耳を奪われたものでした。アメリカのスラッシュバンドなのに、そのサウンドからは欧州の薫りがしたのです。

レビュー


METALLICA『Ride The Lightning』(1984年)

(1)Fight Fire With Fire
(2)Ride The Lightning
(3)For Whom The Bell Tolls
(4)Fade To Black
(5)Trapped Under Ice
(6)Escape
(7)Creeping Death
(8)The Call Of Ktulu

Produced by METALLICA、Flemming Rasmussen

James Hetfield(vo、g)、Kirk Hammett(g)、Cliff Burton(b)、Lars Ulrich(ds)

お気に入り度:
★★★★★ ★★★★☆(9.5/10)


(1)Fight Fire With Fire

イントロの繊細で叙情的なアコースティックギターの音色に驚きます!そこから一変、超絶スラッシュリフが炸裂! ぐいぐいと突き進む! カーク・ハメットの激しいギターソロの後にはメロディアスなツインリードが絶妙のタイミングで襲来。ここはいつ聴いても悶絶モノ。アメリカのバンドなのに欧州の香りがプンプン漂っているなあ。

 

Fight Fire with Fire

Fight Fire with Fire

  • メタリカ
  • メタル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 


 (2)Ride The Lightning

現MEGADETHのデイヴ・ムステインが作曲に関わっています。ダークかつユニークなリフの展開にムステインらしさを感じます。ちょっと複雑な曲構成ですね。不気味に唸るベースがたまらない! メロディアスなギターソロは暗闇に差し込む一条の光のようです。

 

Ride the Lightning

Ride the Lightning

  • メタリカ
  • メタル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 



(3)For Whom The Bell Tolls

鐘の音とシンクロしていくヘヴィでエモーショナルなイントロにぞくぞく! この名フレーズ、私は長年この部分はギターだとばかり思っていました。しかし、これがクリフ・バートン氏のベースだったとは!! 重厚でかっこいい、ミッドチューンの名曲。

 

For Whom the Bell Tolls

For Whom the Bell Tolls

  • メタリカ
  • メタル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 (4)Fade To Black

叙情的なアコースティック・ギターに泣きのエレキギターのメロディが絡んでいく美しいイントロが全てを物語っています! メタリカ初の叙情バラッド。徐々に重さを増してドラマティックに展開していく後半(特にギターソロ!!)がまた凄まじいです。超名曲!!

 

Fade to Black

Fade to Black

  • メタリカ
  • メタル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 



(5)Trapped Under  Ice

ストレートでスラッシーな曲。1分48秒あたりで転調してからの展開が実にカッコいい!! このアルバムの他の名曲達が凄すぎるのであまり目立たないのですが、これも隠れた名曲かと。

 

Trapped Under Ice

Trapped Under Ice

  • メタリカ
  • メタル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 



(6)Escape

後にメンバー自身が語ったように、売れ線を狙った曲だったとのこと。しかもメンバー自ら失敗作と認め、リリースされてから2012年まで28年間ライヴで演奏されたことがなかった曲です。曲はシンプルで、意外とキャッチーなリフが登場するハードロック曲。サビメロもポップ。でも、サウンドはMETALLICAのそれなんですよね。確かに他の曲と比べると見劣りするし、アルバムの中では浮いてますね。

 

Escape

Escape

  • メタリカ
  • メタル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

(7)Creeping Death

スラッシュメタル史上に残る、言わずと知れた名曲中の名曲! イントロからいきなり脳天に一撃を喰らったかのような衝撃を受けます。疾走する鋭いリフの嵐に身を委ねろ!! うねうねと這い回る不気味なベースといい、メロディアスでクール過ぎるギターソロといい、ソロを挟んでの「Die!  Die!」の掛け声パートといい、もう最高! エンディング間近の叙情的なソロの応酬も劇的! 壮絶です。

 

Creeping Death

Creeping Death

  • メタリカ
  • メタル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 


 (8)The Call Of Ktulu

H.P.ラヴクラフトの『クトゥルー神話』にインスパイアされて書かれた曲で、何と9分近くあります。冷たくて暗い雰囲気が支配している、ドラマティックなインストです。こう、何物かが迫ってくるような緊張感がいいですね。

 

The Call of Ktulu

The Call of Ktulu

  • メタリカ
  • メタル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 


スラッシュメタル特有の鋭いエッジのザクザクとしたリフ、叙情的なギターソロ、大作主義、そしてドラマティックな曲展開。アルバムの流れも最高! メンバー自ら失敗作と認める「Escape」は御愛嬌ですが、その他はMETALLICA初期の名曲ばかり。しかも、「Fight Fire Wtih Fire」、「For Whom The Bell Tolls」、「Fade To Black」、「Creeping Death」はメタル史上に残る名曲です。ドラマティックで攻撃的なメタルが好きならこの作品は絶対に外せない作品! 

 

Ride the Lightning (Remastered)

Ride the Lightning (Remastered)

  • メタリカ
  • メタル
  • ¥1000

 

Ride the Lightning (Deluxe / Remastered)

Ride the Lightning (Deluxe / Remastered)

  • メタリカ
  • メタル
  • ¥6000