読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

ニック・メンザ死去。



スポンサーリンク

元MEGADETHのドラマー、ニック・メンザ死去。



昨夜、ぼーっとした頭でTwitterを眺めていたら、このニュースが流れて来た。


「ええっ!?」


思わず声を上げた。だって、彼はまだかなり若いはずだ。何かの病気だったのか? それとも、事故? とにかく、リンク先の詳細記事を読んだ。


元メガデスのドラマー、ニック・メンザが死去 - amass


記事によれば、亡くなったのは5月21日。自身のバンドOHMのライヴ中に心臓発作で倒れ、そのまま息を引き取ったとのこと。倒れてから救急医療が到着するまで、その場にいたスタッフが心肺蘇生を試みたそうですが、そのまま帰らぬ人に・・・。


享年51歳。


余りにも突然だし、余りにも若過ぎる。


ニックは1989年から1998年までMEGADETHに在籍し、その黄金期を支えたドラマーである。黄金期のラインナップはデイヴ・ムステイン、デイヴ・エレフソン、マーティー・フリードマン、そしてニック・メンザ。残した作品は『Rust In Peace』、『Countdown To Extinction』、『Youthanasia』、『Cryptic Writings』。


その中でも特に『Rust In Peace』はスラッシュ・メタル譲りの鋭いリフとマーティー・フリードマンが持ち込んだ東洋フィーリングのあるメロディアスなサウンドが融合した傑作と言えよう。


私は『Rust In Peace』リリースに伴う、彼らの来日公演(1991年)に参戦した。ニックはそれまでのMEGADETHのドラマーとは違って、非常にステージ映えするドラマーだったという印象があって、それは今でも変わらない。あの黄金期のラインナップではメンバー全員が強烈なオーラを放っていた。


ニックもそうで、ライヴでは手数の多いタイトなドラムが炸裂し、MEGADETHサウンドの核を担っていた。ニックの人懐っこそうな笑顔が今でも思い浮かぶ。


Rest In Peace...




Rust In Peace

Rust In Peace

  • メガデス
  • メタル
  • ¥1600