読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

【ネタバレ注意!】『魔法少女育成計画』第5話「新キャラ追加しました!」感想:クラムベリーがやば過ぎる!!

魔法少女育成計画


スポンサーリンク

シスターナナ&ウィンタープリズン...トップスピード&リップル

 

f:id:homuhomuHiro:20161117145120j:plain

 

シスターナナに呼び出されたトップスピードとリップル。シスターナナは2人に、皆で平和的な解決策を考えようと提案します。シスターナナはファヴ経由で運営に抗議文書を出したらしいのですが、黙殺されたようですね。キャンディー争奪戦が行われ、尊い犠牲が出ている現状を憂い、涙を流すシスターナナ。これを良く思わないリップル。

f:id:homuhomuHiro:20161117145121j:plain


綺麗ごとだけで物事が解決すると思ったり、人前で泣くことを恥と思わないシスターナナを偽善的と考えているようです。一触即発の危機かと思われましたが、この場はトップスピードが仲裁に入り、今回の話し合いは一旦終了となります。その後のトップスピードの「絶対死にたくないもの。最低でもあと、半年」という言動が気になります。一体何が・・・?

スイムスイム一味


元ルーラ一味。スイムスイムは今後の計画を練っている模様。スイムは「こんな時、ルーラなら?」という言葉を良く口にします。裏切ったけど、スイムにとってのルーラはまさに理想のリーダーなのでしょう。だから今でも、ルーラの思考になって考える。


シスターナナとマジカロイド44


今回遂に、ウィンタープリズンとシスターナナの変身前の姿が明かされます。


ウィンタープリズンこと、亜柊雫(♂)。イケメンだな・・・。

f:id:homuhomuHiro:20161117145122j:plain



シスターナナこと、羽二重奈々。博愛主義なのですね。

f:id:homuhomuHiro:20161117145123j:plain


この2人の会話から、シスターナナはラ・ピュセルの教育係であったことと、マジカロイド44にも縁があることが明かされます。



シスターナナにとってはマジカロイド44は恩人なのですが、マジカロイド44にとってのシスターナナはただの金づる。マジカロイドはカラミティ・メアリにその時の話をするのでした。どうやら、マジカロイドはカラミティ・メアリと組む様子。

f:id:homuhomuHiro:20161117145135j:plain




劇中での描写からすると、カラミティ・メアリは暴力団に雇われているのかな。善悪関わらず、困っている人を助ければマジカルキャンディーが集まるのです。マジカロイドも言ってますが、かなりいい加減なシステムなのです。

f:id:homuhomuHiro:20161117145124j:plain



ここでマジカロイド44の回想シーン。

ざっくり言うと、奈々の方が先に魔法少女になってしまったため、それでは釣り合いが取れないと。理想の王子様(=雫)は守る立場であり、奈々は守られる立場でなければならないのに、魔法少女の奈々の方が腕力が勝ってしまうのです。奈々は何としてでも雫を魔法少女にさせたいので、マジカロイドが持つ未来の秘密道具の力を借りたいのです!

f:id:homuhomuHiro:20161117145127j:plain



マジカロイド44は22世紀から来た魔法少女型ロボットという設定なので、未来の秘密道具が出せるのです。しかし、その道具は日替わりで、何が出るのかは当のマジカロイドにも分からないという。その上、道具はその日限りで消滅するか破損してしまうのですが、シスターナナはその事実を知らされません。彼女は愛する雫が魔法少女になれることを願い、マジカロイドに謝礼を払い、未来の秘密道具を借り続けるのでした。

 

f:id:homuhomuHiro:20161117145126j:plain

f:id:homuhomuHiro:20161117145131j:plain

f:id:homuhomuHiro:20161117145133j:plain



マジカロイドがこれは実にボロい商売だと思ったその矢先、マジカルパワー増幅ピアスというアイテムが出ます。それをつけた雫はついに魔法少女に! 金づるが居なくなった瞬間です。

f:id:homuhomuHiro:20161117145138j:plain


そのエピソードを聞いたメアリが言います。

「お前も私と同じ。ろくでなしのゲスだってことさ」

 

シスターナナとマジカロイド44


さて、シスターナナがこの不毛な争いを終わらせるべく、次に声をかけたのがマジカロイド44。話を聞くや否や、運営に特別なコネがあると嘯くマジカロイド。直接運営と交渉してみると言い、去って行きます。シスターナナからお金という謝礼を貰って。怪しむウィンタープリズン。

森の音楽家クラムベリー


突然、シスターナナとウィンタープリズンにクラムベリーから会いたいというメールが届きます。指定された採石場で待つシスターナナとウィンタープリズン。そこへクラムベリーがやって来ます。彼らが実際に顔を会わせるのは初めてのようですね。クラムベリー登場時のピアノのBGMいいな~。

f:id:homuhomuHiro:20161117145140j:plain


魔法少女同士の争いは止めるべきだと主張するシスターナナ。しかし、一通り話を聞き終えた後で、クラムベリーは言います。

「こういうこと、止めませんか?」

「え?」

「こうやって、ゲームに水を差すようなことです」

そして不敵な笑みを浮かべる。クラムベリーはウィンタープリズンと戦いたいのです。常に強敵を求めているようですね。森の音楽家って肩書きに騙された(笑) 思いっきり悪役じゃん!

先に仕掛けるクラムベリー。

f:id:homuhomuHiro:20161117145141j:plain

クラムベリーはスピードもパワーも技の切れも並外れていますな。ウィンタープリズンは魔法で壁を作り出しますが、クラムベリーにすぐに破壊されてしまい、あっという間に防戦一方。というか、大ピンチに追い込まれてしまいます。シスターナナの<好きな人の力を目一杯引き出せる>魔法が発動し、一時的に形成逆転しますが、クラムベリーの魔法は音を操る魔法。それに騙されて、再び不利な状態に・・・! クラムベリーはあんな細い身体で打たれ強くもあるな。ウィンタープリズンは連続で魔法の壁を作り、クラムベリーを閉じ込めると、シスターナナを抱えてその場を離脱します。クラムベリーにとっては壁を破るのは容易いもの。しかし、ここは追わず、逃走するウィンタープリズンの姿を見送るのみ。


その時、聞き慣れたアイツの声が!

ファヴ「逃がすポン?」

ええ~っつ!? こいつら、グルだったのか。

ファヴ「シスターナナは始末するって話じゃなかったポン?」

f:id:homuhomuHiro:20161117145142j:plain

そして、シスターナナを生かしておいてもゲームの邪魔になるだけ、などとペラペラペラペラ話し始めます。こいつが黒幕なのか? しかし、ファヴの不満に関わらず、クラムベリーは久々に対等に渡り合えた戦いが出来たことにご満悦の様子。曰く、ゲームの進行などクラムベリーにはどうでもいいのだとか。

黒い魔法少女


彼女はもしや?

やっぱり! スノーホワイトを探している新キャラのハードゴア・アリスさんですね。

f:id:homuhomuHiro:20161117145143j:plain


シスターナナが彼女の教育係を務めるようです。ウィンタープリズンは、まだ出歩かない方がいいとナナに助言しますが、シスターナナの決意も固いのです。


そして、シスターナナの呼び出しにハードゴア・アリスはやって来たのでした。うさぎの縫いぐるみを抱いて。アリスに現在魔法少女達が置かれている状況を話すナナ。しかし、アリスは聞いているのか聞いてないのか、一言も発せず。しかし、白い魔法少女スノーホワイトの話題が出ると食いついてきます! ハードゴアアリスはどこに行けばスノーホワイトに会えるのかを確認すると、走り去って行ってしまいました。


ラピュセルとスノーホワイト

 

f:id:homuhomuHiro:20161117145145j:plain

しばし語り合う2人。幸福な時はすぐに終わりを告げます。

スノーホワイトを自宅近くまで送った後、ラピュセルの前にはクラムベリーが立ちはだかるのでした。うわ~、やっべ~。颯ちゃん逃げて~!!フラグ立ってる!! 次週で最期を迎えるのか!?


とにかく、クラムベリー、あいつはやばい。森の音楽家?森の殺人鬼の間違いだろ!? そしてこの状況になっても、他の魔法少女を信じるシスターナナ。ハードゴアアリスの目的は? スノーホワイトはこの状況にどう対処していくのか? 物語は更に動き始めました。次回も目が離せません。