読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

BLIND GUARDIAN(ブラインド・ガーディアン)『Tokyo Tales』レビュー



スポンサーリンク

 

Tokyo Tales

 BLIND GUARDIAN 『Tokyo Tales』(1993年)


(1)Inquisition
(2)Banish From Sanctuary
(3)Journey Through The Dark
(4)Traveler In Time
(5)Quest For Tanelorn
(6)Goodbye My Friend
(7)Time What Is Time
(8)Majesty
(9)Valhalla
(10)Welcome To Dying
(11)Lord Of The Rings (Japanese Bonus Track)
(12)Lost In The Twilight Hall
(13)Barbara Ann

Produced by  Kalle Trapp

Hansi Kursch(vo、b)、Andre Olbrich(g)、Marcus Siepen(g)、Thomas Stauch(ds)

お気に入り度:
★★★★★ ★★★★(9/10)

Hiroです。


今日はBLIND GUARDIANの1992年の初来日公演(12/4:新宿厚生年金会館、12/6:NHKホール)を収録したライヴ盤を紹介します。12月6日のNHKホールでのライヴには私も参戦しました!! 長い間待ち続けていたライヴだったということもあって、個人的にとても思い入れのある作品です。あれから23年かあ・・・。


『Somewhere Far Beyond』リリース後のツアーなので、初期の名曲が次から次へと繰り出されます! 選曲も演奏も、そしてサウンドも文句なしの素晴らしさですな。観客の歌声とバンドの演奏が一体となってライヴを作り上げているッ! 臨場感溢れる作品で、会場の熱気がダイレクトに伝わってきます。何て熱いんだ! 特に観客のバック・コーラスで始まる「Traveler In Time」は鳥肌モノ。


収録時間の関係なのか、「Somewhere Far Beyond」、「Theatre Of Pain」がカットされているのは実に惜しいです!

↓当時のショットではありませんが、こちらのライヴも素晴らしいので貼っておきます。