BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

いい加減、熱中症をなめるのは止めませんか?



スポンサーリンク

連日の容赦のない暑さ。
脱水症状や熱中症になり、それが原因で救急搬送されたり死亡するケースが後を絶たない。

熱中症搬送、9956人=高温影響、12人死亡―総務省消防庁(時事通信) - Yahoo!ニュース


目立つのは独り暮らしの老人や子どもだが、熱中症対策を怠ると、いくら普段健康で元気があっても20代だろうと30代だろうと関係なくやられてしまう。
昨日、岐阜県多治見市では気温が何と最高40.0度まで上昇したという。

17日には愛知県豊田市の小学校に通う1年生の男子児童が校外学習に参加した後で熱中症で亡くなるという、非常に悲しい残念なニュースがあった。
うちには小2の娘がいるので、決して他人事ではない。
校外学習は移動時間も含めて1時間半ほどだったらしい。
この炎天下の下で1時間半も活動するなんて狂気の沙汰だと思う。
しかも、高温注意情報が出ており、学校側もそれを把握していたという。

・・・もう毎年毎年同じような熱中症死亡ニュースが報道される。
どうして対策をしないのか?
帽子を被って、水分補給をして、健康チェックをする等の対策をしたとしても、児童なんかは活動時間は30分がリミットだろうと思う。
でもね、ここは敢えて言いたい。
こんな炎天下の日には外へ出させるなよと。
子どもは誰も彼もが大人のように、自分の健康状態や体調を言葉で表現したり、訴えることが出来るわけじゃない。
連日熱中症注意の報道がされているのにも関わらず、校外学習を実施するという神経が分からない。
学校にも学校の都合というものもあるのだろう。
だけど、死者が出てからでは遅い。
というか、熱中症をなめ過ぎているとしか思えない。

だから、私の目にはこの時期の甲子園野球が狂気の沙汰にしか思えない。
炎天下の球場で何時間も過ごすのだから。
昔に比べて確実に気温は上昇しているのだから、何もわざわざ猛暑と言う悪天候の中で野球をやらなければいけない理由は無いはずだが。
私は野球に全く興味がないから詳しいことは分からない。
選手たちも、応援する人たちも、身体に容赦ないダメージをくらっているよね。
誰も声を上げないのか、そういう意見は潰されるのか、伝統だから変えちゃまずいのか?

2年後の東京オリンピックもきっと大勢の熱中症患者が出るんじゃないかな。
死者も。
オリンピックの暑さへの影響が懸念されることについて、小池百合子都知事がこんなことを言っている。

「これ(首に巻くアイスノンみたいなやつ)を巻くだけで首元が冷える。こんなことも知ってもらって活用していただきたい」

(参考:危険な暑さ各地で、東京五輪も“酷暑”必至か TBS NEWS


何とまあ、都知事がこのレベル。
何としてでも夏に開催したいらしいな。
屋外にいること自体が危険だというのに!
都知事がこれですからね、気温が30度超えでも校外活動をやらせる教師が居なくなるわけないか。

あとね、室内に居ても対策を怠ると熱中症になるって毎年毎年言われているのに対策もしていない学校が多い。
昔は真夏にエアコンがなくても平気だった?
そう、昔はね。
でも今は違う。
筆者は1972年生まれだが、小学生の頃は扇風機がメインだった記憶がある。
当時はそれで良かったのだ。
でも、今は昔よりも平均気温が上がっている!

ただ、それを認めない、認めたくない大人がいるんだ。
それで今でも教室にクーラーがない、あるいはクーラーの設置を認めない学校は意外とたくさんあるらしい。
しかし、現在は昔(1970年代)と比べて圧倒的に暑いという客観的なデータはある!

「昔は真夏にエアコンなしでも平気だった」を論破する、70年代の気温データが話題に【やじうまWatch】 - INTERNET Watch

「昔はエアコンなしで受験勉強してた!」そこで、1970年代の夏の気温を調べてみたら、今の暑さがどれだけ厳しいかを痛感しました - Togetter

クーラーを設置していない学校に保護者が出向きアツアツの教室を体験させた結果がこちら「百聞は一見に如かず」 - Togetter


これらのデータから分かることは、昔は気温が30度を超えることが少なかったということ。
逆に現在は、40度近くになるのが当たり前の世界になってしまった!

環境が変わってしまったんだ。
いい加減、熱中症をなめるのは止めませんか?
もっと真剣に対策しましょうよ。

とりあえず、学校の教師は全員が熱中症の正しい知識を身につけろ!!

www.netsuzero.jp

homuhomuhiro.hatenablog.jp