読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

娘とカタツムリ

育児 雑記


スポンサーリンク

先日、保育園に娘(5歳)の迎えに行った時のことです。

帰りの車の中ではおやつの話をしていた娘でしたが、駐車場に着き、車から降りようとする時になって、こう言いました。


「今日、保育園のお庭にカタツムリいたよ。ちっちゃいカタツムリ」


娘は虫は駄目なのですが、どうやらカタツムリはお気に入りらしいのです。

そう言えば、去年もカタツムリを見つけると騒いでいたっけ。

ちっちゃいカタツムリということは赤ちゃんなのでしょうか。

カタツムリって梅雨や初夏にいるイメージがあります。

私が「へえー。もういるんだーっ」て言うか言わないうちに、娘はポケットの中をガサゴソガサゴソ・・・。


まさか!?


「持って来たんだよ~!」


やっぱり!!


そう言って、ぐちゃぐちゃに畳まれたティッシュの包みを取り出しました。

にこにこと自慢げにティッシュの包みを広げる娘。

そこには粉々になった、見るも無残なカタツムリの残骸がありました。

呆然とする娘に私は言いました。


「残念だけど、このカタツムリはもう死んじゃってるんだよ」


「えー?」


とても残念そうな様子でした。

私は言いました。

「赤ちゃんのカタツムリだから、ティッシュにくるんだり、ポケットに入れたりしたら殻が壊れちゃうし、死んじゃうんだよ。今度また○○ちゃんがカタツムリを見つけても、連れて来ない方がいいんだよ。可哀想なことになっちゃうからね。カタツムリもお庭にいた方が元気に遊べるし、大きくなるんだから。」

「うん。わかった」

そう言うと、娘はとぼとぼと帰り道を歩き始めました。

娘が次にまたカタツムリを見つけた時、今回の出来事を思い出してくれたらいいなと思いました。



本文とは関係がありませんが、道に咲いていた菜の花です!

これもまた春の色ですね!!

f:id:homuhomuHiro:20160324174242j:plain