読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BANG YOUR HEAD!! ~激しく頭を振りまくれ!~

水樹奈々、「まどマギ」、「ラブライブ!」が好きなメタラーです! 音楽、食べ物、アニメ・・・他、自分が感動したり良いと思ったことを書いていきます。

あの名盤が超名盤に! Xの『BLUE BLOOD』はリマスター盤を買え!

REMASTERED!!


X JAPANの壮絶過ぎる歴史を描いたドキュメンタリー映画『WE ARE X』を観てから、彼らのアルバムを何回も聴き直していますが、先日遂にXの名盤、いやHeavy Metal史上に残る名盤と言われる『BLUE BLOOD』アルバムのリマスター盤を入手しました! オリジナル盤については以前、レビューを書き、その中で私は最後に「曲は素晴らしいのに音質が悪いのが残念」、「リマスター盤を入手してみたい」と締め括っています。



f:id:homuhomuHiro:20170318000638j:plain


『BLUE BLOOD』のリマスター盤。


一言で言えば、


買って良かった! 


感激もんですよ、これは。


レビューに行く前に、このリマスター盤についての説明をしたいと思います。このリマスターにはXのリーダーであるYOSHIKIは全く関与していません。なので、コアなファンの中にはこのリマスターを認めないという方もいるようです。ファンとしてみれば、YOSHIKIが関わっているリマスターを聴いてみたいと思うのは当然だと思います。クレジットによれば、リマスターを手掛けたのは阿部充泰氏。この方は『BLUE BLOOD』のレコーディングの時にもエンジニアとして関わっていたようです。ですから、全く関係ない人間がリマスターを手掛けた訳ではないのです。そして、このリマスターは成功していると言っていい。明らかに音が良くなっているのですから! 具体的に音がどのように変わったのかは後で述べます。


現在、リマスター盤は2種類存在します。


まずは2007年にリリースされた、『BLUE BLOOD(SPECIAL EDITION)』。これは2枚組で、ディスク1はリマスターされた『BLUE BLOOD』。ディスク2はインストゥルメンタル・トラックという内容になっています。期間限定で発売されました。


期間限定だった『SPECIAL EDITION』は、2008年に『BLUE BLOOD(REMASTERED EDITION)』として復刻。こちらにはインストゥルメンタル・トラック盤は収録されず、オリジナル・アルバムのリマスター盤CDのみという内容でした。ちなみに、この『REMASTERED EDITION』は作品の内容ではなく、SONYの売り方に関してアマゾンのレビューではボロクソ言われています。『SPECIAL EDITION』を期間限定商品として煽っておきながら、僅か1年足らずで“復刻”させるんですから。ちなみに、SONY時代の楽曲の盤権は全てSONY側が持っているので、X側は何も口出し出来ないのではないかと思われます。


『SPECIAL EDITION』も『REMASTERED EDITION』も新品で手に入れるのは困難かもしれません。しかし、アマゾンで検索してみて下さい。輸入盤なら手に入るのが分かると思います。現に私が購入したのは2枚組の方の『SPECIAL EDITION』の輸入盤です。そして、両タイトルとも、MP3でも入手することが出来ます。AmazonでもiTunes Storeでも取り扱っています。



ディスク1(赤盤)はリマスターされた『BLUE BLOOD』本編!!

f:id:homuhomuHiro:20170318000701j:plain



ディスク2(青盤)がインストゥルメンタル・トラックス!

f:id:homuhomuHiro:20170318000708j:plain



レビュー

 

X『BLUE BLOOD(SPECIAL EDITION)』(2007年) 

DISC1『BLUE BLOOD』

(1)PROLOGUE(~WORLD ANTHEM)
(2)BLUEl BLOOD
(3)WEEK END
(4)EASY FIGHT RAMBLING
(5)X
(6)ENDLESS RAIN
(7)紅
(8)XCLAMATION
(9)オルガスム
(10)CELEBRATION
(11)ROSE OF PAIN
(12)UNFINISHED


DISC2『BLUE BLOOD Instrumental Tracks』

(1)BLUEl BLOOD
(2)WEEK END
(3)X
(4)ENDLESS RAIN
(5)紅
(6)CELEBRATION
(7)ROSE OF PAIN
(8)UNFINISHED

TOSHI(vo)、HIDE(g)、PATA(g)、TAIJI(b)、YOSHIKI(dr / piano)

お気に入り度:
★★★★★ ★★★★★(10/10)
(ただし、これはアルバム本編であるDISC1に関しての評価)

楽曲についてのレビューはこちらを参照。
【名盤】X 2nd Album『BLUE BLOOD』レビュー 



超名曲が満載で、Hard Rock/Heavy Metal史上残るであろう名作中の名作である『BLUE BLOOD』アルバムの唯一の欠点は、やはりその音の悪さであろう。曲は素晴らしいのに、何でこんなに音が悪いんだ!? レコード会社は何でここで予算をケチるかな~って位に音が悪かった。全体的に音がこもり過ぎなのだが、特にドラムが酷い。その上、ミックスもヴォーカルだけが前面に出過ぎているような印象を受ける。音が悪いということは、やっていることの100%が聴き手に伝わらないことでもある。まあ、その音の悪さとかも全部ひっくるめて、私は『BLUE BLOOD』という作品を17年愛聴してきた訳だが・・・。 


リマスターでは格段に音質が上がっていて驚いた! こもっていたサウンドはクリアになり、YOSHIKIのドラミングもTAIJIのベースの低音の響きも良く聴き取れる。今まで埋もれていた音がこのリマスターで甦った。サウンドがクリアになったことで、ギターのエッジも立ち、また全体のサウンドバランスも改善され、音の広がりも感じられるようになった。当然ではあるが、古臭い感じも消え去った。あまりにも嬉しくて、毎日ヘヴィローテーションしてる。


「PROLOGUE(~WORLD ANTHEM)」、「ENDLESS RAIN」、そして「ROSE OF PAIN」で聴かれるオーケストラサウンドの広がりと深み。「BLUE BLOOD」で刻まれる硬質なギターリフ、「X」や「紅」で聴かれる起伏に富んだリズミカルなベースプレイとツーバスとの絡み、表情豊かなツインリードなど、全てが新鮮に聴こえるのが嬉しい!! 


このリマスターのおかげで、かつての名盤は超名盤になったのだ。


これからXの『BLUE BLOOD』を聴こうと思っている方は是非、リマスター盤を聴いて欲しい! また、オリジナルの『BLUE BLOOD』しか聴いたことがない往年のファンの方も、是非一度リマスター盤を聴いてみて欲しいと思う。これを聴いたら再び『BLUE BLOOD』が好きになること間違いないから! 


音楽以外の部分で、敢えて苦言を呈すると、ブックレットの解説が1989年当時のままってのはないだろ? 当時の解説にプラスして、現在の視点からアルバムを捉えた新しい解説や評論も載せた方がいいと思うけどな。リマスター盤の聴き所とかもね。

 

あと、ディスク2の『Instrumental Tracks』は中途半端な構成でがっかり。何と言っても「EASY FIGHT RAMBLING」と「オルガスム」が収録されていないじゃん! 何で!? それに、曲によっては所々にバックヴォーカルやサビのコーラスが収録されていたりする。Xの曲はインストでも立派なメタルチューンあるいはハードロックチューンとして成立すると思うし、純粋にインストヴァージョンを楽しみたいというファンも多いのでは? でも、ヴォーカルが全く登場しない純粋なインストとして収録されているのは「ENDLESS RAIN」と「紅」のみである。後はどこかしらにコーラスだったり、掛け声パートだったりが出てきたりする。全然、インストゥルメンタル・トラックじゃない! 例えば、「BLUE BLOOD」のインストを聴いて、これはこれでカッコいいなあ~と浸っていたら突然、「I slice my face!」ってヴォーカルが聴こえてきて興醒めした。そんな訳で、ディスク2はあくまでもオマケだな。


まあ、後半色々言ったけど、アルバム本編が最高に素晴らしいのに変わりはない。新しい生命を吹き込まれて甦った『BLUE BLOOD』のサウンドに身を委ねよう!!


BLUE BLOOD REMASTERED EDITION

BLUE BLOOD REMASTERED EDITION

  • X
  • ロック
  • ¥2100
BLUE BLOOD SPECIAL EDITION

BLUE BLOOD SPECIAL EDITION

  • X
  • ロック
  • ¥2900

 

パソコン工房【公式通販サイト】
楽天ゴールドカード
太陽の末裔見るなら<U-NEXT>